イクメンデータサイエンティストのブログ

子育て中のデータサイエンティストブログです。データ分析系や子育て日常などに関して書いていこうと思います。Tableau大好きなので、「目的のものを作るための最速手順を書く!」というところを頑張ろうと思ってます。Tableau使った仕事どんどんしたい。

Tableauで条件でグラフの色を変える方法

こんにちはbudouです!

今回はタブローを使って、任意の指定した条件でグラフの色を変える方法を書きたいと思います。

f:id:budounomizu:20190703184148p:plain

↑これを...こーしたいです↓

f:id:budounomizu:20190703184207p:plain

はじめに

売上やCV情報をグラフにしてみているけど、

「予算ラインを超えたかこえてないか」

「前年比100%基準で見たときにそれを超えたかこえていないか」

と思ったりすることがあるかと思います。

そんなときどうするか?というところで一つの解決策とタブローでの考え方をお伝えてきたらと思います。

結論は、

・条件でフラグを立てる

・フラグをマークの『色』パレットに落とす です。

条件でフラグを立てる

特定の条件でフラグを立てる。 というのが今回のところの答えとなります。

今回は、「売上が平均以上か、以下かで色を分ける」ということをしてみたいと思います。

そもそもフラグを立てるとは...?

フラグを立てる?

https://gakumado.mynavi.jp/gmd/articles/54020 こちらなどに詳しく書いてありますが、一般的に使われる意味と概念自体は同じで、 例えば、

【死亡フラグ】
・「あの映画の『この仕事が終わったら故郷に帰って結婚しよう!』ってセリフ、あれ死亡フラグだよね」

【フラグ回収】
「フラグ回収」とはプログラムしているフラグ通りにストーリーが展開することです。
・「『この仕事が終わったら故郷に帰って結婚しよう!』ってセリフで完全に『死亡フラグ』立ったと思ったけど、やっぱり「フラグを回収」したね」

一部引用しますとこんな感じで「フラグ」というのは使われます。

フラグを立ててみよう!

実際にやることはエクセルの考え方、SQLの考え方などと同じです。 特定の行(カラム)に対して、条件を満たしていたら1, そうでなければ0

というif文を書いてあげればオッケー

今回は、「売上が平均以上か、以下かで色を分ける」 を見たいと思っているので、地域ごとにそれをみるとしてやってみましょう。

もともとのキャプ f:id:budounomizu:20190629123053p:plain 「売上」を右クリックして、「作成」します。

f:id:budounomizu:20190703191627p:plain

if SUM([売上]) > WINDOW_AVG(sum([売上])) then 1 else 0 end

タブローでのif文の書き方は上記のようになります。 これを書いて「flg_売上の平均上下」として作成しておきます。

f:id:budounomizu:20190703191645p:plain

これをもともとの棒グラフの色マークに落とすと...

f:id:budounomizu:20190703184207p:plain ※ついでに「アナリティクス」ペインから「平均線」をもってきてドロップ

できた~

もちろん色も好きに変更できますよ。

おわりに

「フラグを立てて条件分岐をさせることで表現の幅を増やす」 というところの紹介をさせて頂きました。

「ん~~?どうやって表現追加する~?」って時に、 「あ、判別する情報を別に作ればいい(フラグを立てるということ)んだ」というところで繋がると出来ること増えますね!

以上、よろしくお願いします。